パートタイマーという雇用形態の特徴

企業における雇用形態にはいくつかの種類があります。

パートタイマーという雇用形態の特徴

パートタイマーという雇用形態の特徴 企業における雇用形態にはいくつかの種類があります。いわゆる正社員と呼ばれる正規従業員の他に、パートタイマーやアルバイト従業員が多数在籍している企業も少なくありません。正社員と異なり、パートタイマーやアルバイト従業員の場合、労働時間や日数は限られているのが一般的です。中には正社員に準じた勤務時間で働く非正規従業員もいますが、この場合はフルタイム等の呼ばれ方をするケースも多いようです。

日本では正社員と非正規社員では給与等の待遇に大きな違いが存在しているのが一般的ですが、諸外国の中にはワークシェアリングが進み、短時間勤務のパートタイマーとして働く労働者が大半を占めている国もあります。この場合の雇用待遇の多くは正社員と非正規社員で大きな違いが存在しないようになっており、単純に労働時間の違いが収入の違いを招く仕組みになっていると言えるでしょう。

日本においても、パートの求人は非常に多いと言えます。しかし雇用待遇に関しては正社員とは大きく異なっているのが一般的です。労働時間の違いによる収入の違いは非常に大きく、主婦の方などが不要枠内で働くことを前提とした求人内容になっている場合も少なくありません。限られた時間しか勤務できない人にとってはとても働きやすい勤務内容になっている為、状況に合わせた雇用形態を選べるというメリットがあります。

注目情報

Copyright (C)2020パートタイマーという雇用形態の特徴.All rights reserved.